永井みさえ

記事一覧(6)

東京で、本当の意味での美味しいコーヒーと私とおばちゃん》

【絵本作家 永井みさえのエッセイ 】⭐︎第1回目⭐︎いつもより、伝えたい気持ちがあり、エッセイとして投稿します。いちを…タイトルは《東京で、本当の意味での美味しいコーヒーと私とおばちゃん》☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆2016年3月13日帰っていい加減、猫絵本のラフのアイディアを出さなきゃ…と思いながら、やっぱ降りよう。私は、東横線の電車から降りた。本当は、まっすぐ帰る予定が、昔住んでいた最寄り駅で、降りてしまった。特に用事はない。ただ、ただ、駅から、家までの道が好きで、降りてしまう。東京へ来て、4年たたないくらいで、仕事の都合で、東京から引っ越す。最初は、東京が嫌いだった。でも、今は、東京も好きになれた。好きな理由の1つに、あの美味しいコーヒー。あの、一杯を頂きに、行きたいが故に、わざわざ駅から降りた。東京から引っ越すことに、迷いも何もない。あっという間に時は経ち、、、忘れてしまっていることも、忘れてしまった感覚もあるので、ここで記しときたいと思う。永井みさえ が感じた 3月13日のことを書くとしよう。東京に来たばかりの頃は、10に1、いいことがあれば、良い方かなと思っていた。嫌なことばかりだったことを思い出す。駅から降りると、この駅は、いい香りがする。駅のすぐ隣に、化粧品を扱うお店があるからだ。この香りが好きで、わざわざ降りる。理由のひとつ。この駅周辺には綺麗なお店が、キラキラしている。店へ入ると、商品の値段が、私が想像しているより、0が1つ多い。値段は、高いが、夢のような演出をしている世界に、来れたような気がして気分が良かった。何も買わずに、ただ、ただ、見るだけ。今も、あの頃も変わらない感覚。その先を歩くと、インテリアのデザイナーさんの事務所。いつか、このデザイナーさんのキッチンで、旦那と一緒に、料理をしたいな。なんて、妄想するのが、好きだった。今は、結構願望があまりになさすぎている自分に心配する。東京に来る前は、東京に来たら、何かが変わると思い引っ越してくる人も多い。私も、その一人だったのかもしれない。しかし、結果は変わらないことがわかった。変わるのは、周りだ。アーティストの仲間を話していても、思う。デビューしても、変わらないものは、変わらない。人は簡単には変われない。変わるのはいつも周りである。 この言葉の意味がわかるようになったのは、本当に最近。学生だろうが、作家、芸能人、社長、社員だろが、みんな人の子なんだよなっと昔の家の帰り道を歩きながら考える。あ…そういえば、あのおばちゃん元気かな。私は、ここに住んでいた頃、ほぼ毎日通っていた、近くのコンビニのおばちゃんのことを思い出した。絵本作家になりたいのに、どうしたらいいか、わからず、、、絵の仕事っと言い、ただ、会いたかっただけ。。。というような人間もいたり、私の絵を仕事と見てくれない人もたくさんいた。そんな毎日が嫌になり、渋谷の会社で働いている友人とばかり、飲んでは、潰れていた。今思うと、飲んでる暇があれば、絵本描けよ。っと過去の自分に突っ込みたくなるけど、人が多い東京は、孤独過ぎた。私だけでなく、今、道ですれ違った人も、きっと孤独だろう。そんな時、家の近所にあったコンビニに行くと、「おはよーいつもお疲れ様」とコンビニレジの人が、入った瞬間、挨拶をしてくれた。パーマをかけたおばちゃん。 誰でも、絵にかけるような、定番中の定番な おばちゃんだ。私は、東京で、赤の他人と挨拶をしたことが、なかったので、びっくりした。「おはようございます。」私は、遅れて挨拶を返した。そして、また、次の日「えっと。。。sサイズのコーヒーで」「いつも、ありがとうね。あ・・・今日はチョコ持ってきな。」お店で20円で売られているチョコを取り出し、私は貰った。そして、また、次の日、コーヒーを頼むと「今日は10円おまけだよ〜」といいまけてくれた。ただのコンビニなのに、どうして❔でも、毎回来るたびに、おばちゃんの生き生きした笑顔を見ると、仕事をこんなに楽しそうにしている人、久々に見たことに気づく。それと同時に、祖父母の顔を思い浮かべる。そういえば、随分、実家にも帰ってない。この頃、私は、親と仲が悪く、本音で話せず、突っ張ってばかりいた。どんなに困っていても、親には、何も言えなく、心配させたくなかった。そんなことを考えながら、コーヒーを家に持ち帰り、絵を描いているといつもの、コーヒーなのに、飲んでる時に、しょっぱい味がして、後にも先にも、このコーヒーは、東京で、一番、あったかいコーヒーだった。あたり前に、あたたかいコーヒーは心の贅沢な味。あれから、どれくらい経ったのだろうか。久々に、あのコンビニに訪れる。外から、定員さんが2人見えた。1人は、顔見知りだけど、きっと私のことなんて、覚えてないだろうな と思い  コンビニに入る。別に欲しいものなんて…ない。飲み物でも買うか〜と思って、ペットボトルを選んでいると「あぁどっかで見たことある顔だと思ったら、久しぶりだね」男性定員の人が覚えてくれていた。嬉しかった。東京にはたくさん人がいる中で、覚えてくれている人がいるだけで、嬉しかった。 多分、ずっとお店にいるし、あのおばちゃんの息子さんなのかもしれない と思い「こんにちは、なんか、前に住んでた場所が、懐かしくなって、ぷらぷら歩いて来てしまいました。あの。。。おばちゃん元気ですか❔」「あ〜奥にいるよ。おーいー」おばちゃんが出てきた。あの頃と変わらない笑顔で。「あ〜ら〜、懐かしい顔ね〜。元気してるの❔」「はい、今度、高知に行くことになりまして、もちろん東京には10日ほど、毎月、仕事で、来るのですが・・・おばちゃん…元気かなと思いまして。」「はははは、仕事は順調なの❔」「あ…はい。やっと、カタチになり始めたところなんです。まだまだ…なんですが…」私は、おばちゃんに絵本を渡し見せる。「へぇ〜いい絵本じゃない。最近、大人も絵本が好きな人も、増えてるみたいね」といい、じっくりおばちゃんは、絵本を1ページ、1ページ目を近づけ、見てくれた。腰の曲がった、その姿を見て「はい。なんか、ありがとうございます。絵を描いてて、いつも引きこもって、描いている時に、ここのコンビニに来るたびに、挨拶してくださるのが嬉しくて…また来ちゃいました。」「あらそ〜。でも、また、東京に来るんでしょ」「はい、もちろんです。今日も、いつものコーヒーを頂いて、帰ろうかと。私は、コーヒーにミルクではなく、豆乳を入れるのが好きで、、、」「そうね。うちは、ミルク、牛乳、豆乳は、セルフサービスだからね。」「私が、ほとんど、豆乳使ってしまって、今思えば、なんかも〜申し訳なくって」「いいのよ〜。」「でも、こうやって、おばちゃんが元気でよかったです。ありがとうございます。」おばちゃんは、いつものプリプリなホッペを上にあげ、「はい。チョコレート。」いつもの20円チョコレートをくれた。私は、家に帰り、こうしてパソコンに、今日の出来事を書いている。頂いたチョコは、すぐ食べずに取って置こうと思う。どんな仕事でも、笑顔があれば、幸せを届けられる。ちょっとしたことが、あたたかくて、あのコーヒーは、たとえ、味が変わっても、美味しいだろう。コンビニのおばちゃんに、教えてもらった仕事と笑顔の魔法とコツ。コーヒーを飲むたびに、思い出す。。過去の東京にいた愚かだった自分よし、そろそろ文章の最後にしようと考えていると、母親から電話が、かかってきた。心配ばかりかけているので、早く、楽をさせてあげたい…のに、まだまだだなと、痛感する。どこにいっても、これからも、笑顔で私も、がんばらなきゃな。コンビニのおばちゃんに、学んだ、笑顔のパワー。コンビニのおばさんの話を、母親にしてみよう。ちょっとは、安心してくれるかもしれないな。おしまい☆☆☆☆☆☆なんとなく、いつもの投稿ではなくココロで思った気持ちをエッセイにして描きました。実際に、永井みさえが、体験した出来事です。あなたのなにかの、人生の参考にちょっとでも、なったら、嬉しいです。永井みさえより